遠赤外線の歴史

遠赤外線が身近な物になるまで

今では遠赤外線と言えば、ヒーターを始めとしてドライヤーや調理器具など至るところに利用されています。ですから普段の生活の中で遠赤外線という言葉も目にしたり耳にすることも多くなって身近な物になりました。 そもそも遠赤外線とは電磁波の一つであり、赤外線が持っているエネルギーが物に当たった時に吸収され温度を上昇させる効果を1800年頃にイギリスで発見されました。 今ではさまざまな開発や研究が進み遠赤外線は生活の一部になっていたり、肩こりや腰痛などといった痛みの治療としても使われています。それだけでなく遠赤外線を使ったサーモグラフィで犯人を特定したりと事件の解決まで活用されて色々な分野で使用されているものなのです。

遠赤外線の今後の動向

遠赤外線は、肩こりや腰の治療などに使われ、照射するだけで筋肉がほぐれて血流が改善され痛みが取れるという効果があります。昭和初期には、病院で500円程度支払って医療機器として利用されていました。平成初期になると電気スタンドのような形で、遠赤外線機器が登場して自宅でもケアできるようになりました。 今後の予測として、遠赤外線は暖房効果もあることからヒーターとして機能が融合し、スペースを取らないためにも軽量化がされ、パワーは劣らない機械が出てきます。 遠赤外線の小型化の究極として、身に着けるタイプが普及して、ピンポイントでケアすることができ持ち運びや移動しながら効果の恩恵を受けることが近い将来に出てきます。